スポンサードリンク

ウォーキング ウォーキング効果 ウォーキングダイエット

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウォーキングの呼吸法

ウォーキングの呼吸法

正しいフォームでリズミカルに歩くためには、呼吸法は重要になってきます。
呼吸の仕方によってウォーキングの効果や疲れの度合いも違ってくるんです。

それでは、ウォーキングの為の呼吸法を紹介しますので是非参考にして、
ウォーキングの効果を高めてくださいね。

まず、注意することは姿勢です。
よくない姿勢は前かがみの姿勢です。前かがみの姿勢では気道や肺が圧迫されて
空気の出入りが悪くなります。背筋を伸ばして、胸を張ってください。

背筋を伸ばし、胸を張った正しい姿勢を保ちながら、吐く息に注意しましょう。

ウォーキングの呼吸法のポイントは、吸う息よりも吐く息のリズムにあるんです。

息を吐く時にリラックスするといわれていますので、息を吐くことを意識してください。
苦しくなったり、疲れたときは、息を吸うことよりも吐くことを意識するといいですよ。

「2ビート呼吸法」で一歩ずつ、「吐く、吐く、吸う、吸う」というリズムで歩きます。
初心者向きですし、ゆっくり歩くときにおすすめの呼吸法です。

また、「4ビート呼吸法」という呼吸法もあります。
初めの4歩で息を吐き、次の4歩で吸う方法です。
「吐く、吐く、吐く、吐く、吸う、吸う、吸う、吸う」というリズムになります。
この呼吸法は主にウォーキングに慣れてきた方や早く歩く人にお勧めです。

どちらの呼吸法も腹式呼吸をお勧めします、効果は倍増しますので。
また、息継ぎまでに息を吐き切ってしまう意識をすると効果的です。

このようにウォーキングの呼吸法に気をつけるだけでも、ウォーキング効果は倍増します
のでウォーキングの呼吸法を自分のものにしてくださいね。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。