スポンサードリンク

ウォーキング ウォーキング効果 ウォーキングダイエット

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウォーキングについて

ウォーキングについて

子供からお年寄りまで、誰でも健康作りのために手軽に始められるスポーツとして、
ウォーキングがありますね。

特に、高齢者の方や体力が落ちている人や日頃運動不足の人にとって、気軽に始めら
れますますし、健康の土台づくりのウォーキングの効果も大きく期待できます。

考えるよりまずは気楽に歩いてみてください。

ウォーキングを始めてみても楽しくないと続かないのでウォーキングを
継続的に楽しむためポイントを少しまとめてみましたので参考にしてください。

ウォーキングにはダイエット効果もありますので楽しんで継続しましょう。


●ウォーキングのトレーニング量は時間で管理する

ウォーキング距離を管理すると、距離を増やすことが目標になりやすいので、
ウォーキングが負担になってきます。

ウォーキング時間を管理することで、調子のいい日は速歩きで、調子の悪い日は
遅歩きでと、その日の調子にあわせてウォーキングを調節するといいでしょう。

しかし、時間を意識しすぎて「あと何分」と時間ばかりに意識がいくのはよくありません。

●芝生や土の上を歩くように心がける

舗装路を歩くと膝やかかとの負担が増すので、できるだけ芝生や土の上を歩くように
しましょう。森林公園や運動公園などがいいですね。
また、公園までの往復は自転車を使うということも考えて下さい。

●バランスよくウォーキングする

身体のバランスを崩して長い時間ウォーキングすることで、骨格がゆがみやすく、
膝や腰にも負担がかかり痛めてしまうかもしれません。

ショルダーバッグを使ってウォーキングすると、左右のバランスを崩してしまう
のでできるだけリュックサックを使うようにしてください。

また、道路はまっすぐではなく真ん中から左右に若干傾斜しているので、
傾斜した道路を長時間ウォーキングすると身体のバランスが崩れやすいので
往復で道路の傾斜を考えてバランスよくウォーキングしましょう。

コメントの投稿

Secre

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。