スポンサードリンク

ウォーキング ウォーキング効果 ウォーキングダイエット

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウォーキングの歩き方

ウォーキングの歩き方

ウォーキング効果を高めるためにもウォーキングの歩き方はとても重要です。
おかしな歩き方だと、疲れやすいですし、怪我をする可能性が高くなります。
また、骨格がゆがむこともあるので注意しないといけません。

ウォーキングの正しい歩き方についてまとめてみましたので参考にして、
正しいフォームで歩きましょうね。

●頭

頭は真っ直ぐにして安定させておいてください。
目線は、10~15メートル先の少し遠くを見るように心がけてください。
視線を遠くにするとこで、自然に背筋が伸びるのです。

●上半身

頭の天辺から足の先まで1本の軸が通ったように背筋をピンと伸ばします。
肩の力を抜いて、腕を90度に曲げてリズミカルに振るようにしてください。

●腰

腰はある一定の高さに安定しておきます。
疲れが溜まると自然と腰が落ちてきますので、安定させるように頑張ってください。

●足や膝

足は腰から前へ出すようなイメージで、膝は伸ばして、伸ばした足は、そのまま
かかとから着地します。

●歩幅

歩幅の目安としては、「身長ー100」がお勧めです。
あまりこの数値にこだわる必要はないのですが、普通より少し広めを意識して
歩くといいでしょう。

正しい姿勢を維持しながら歩くと共に、身体の重心移動も意識してくださいね。
着地の時はかかとからつま先へ、最後はつま先にしっかりと重心を残してください。

正しい姿勢を意識して歩くことのは、慣れるまでは大変でしょうが、一旦慣れてしまえば、
楽になり疲れにくくなってきます。

身体のクセは個人差がありますので、まずは自分のクセを早く知って、楽しみながら
練習してください。

正しい歩き方を身につけるとウォーキング効果が向上にダイエット効果も期待できますよ。

コメントの投稿

Secre

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。